ニュースNO 80002210005
管機産業新聞
ホテル建築の管種選定、給水系統は塩ビ鋼管が高シェアを維持
内容 配管の研究調査と鋼管業界への支援活動を推進しているIDE研究所はこのほど、ホテル建築の空調設備配管の管種選定動向について、給水設備配管(上下管、雑用水管)では塩化ビニルライニング鋼管が調査開始以来、高シェアを維持しているとの分析結果を発表した。
また、ライニング鋼管の今後の課題として、特に80A以上の大口径における薄肉化・軽量化が急務とし、溶接継手大口径の軽量化も重要課題として挙げた。
URL http://www.shoukei.co.jp/kanzai/index.html
問合せ先 TEL 06-6531-6161



プライバシーポリシー 推奨環境